シゴキ加工

インパクトプレスとシゴキプレスの組合せで高精度化

インパクトプレスは材料の歩留まりが良くまた加工速度が高いためコストを大きく下げることができますが、精度が悪いと一般に考えられています。しかし金型形状の工夫や潤滑剤の工夫で精度が出せるようになってきました。 さらにインパクトプレスで成形したものをシゴキ加工を加えると驚くほど精度がよくなり高精度の薄肉パイプが製造できます。

インパクトプレスとシゴキプレスの組合せで高精度化

このページの先頭に戻る

  • お問い合わせ・資料請求
  • 電池缶の開発とインパクトプレスについて
  • アルミニウムについて